自動低負荷試料作製システム「IS-POLISHER」

IS-POLISHERの特長

  1. 低負荷・低荷重により観察面を歪みなく試料作製できる
  2. 削り量をミクロン単位で設定できるので、削り過ぎることなく指定部位の面出し、
    指定寸法で研磨できる
  3. 斜め研磨により、微小部品の拡大観察や、ボンディングの配列が全幅にわたって観察できる
  4. 包埋せずに研磨するので、短時間で仕上がる
  5. 研磨条件を数値化できる

「IS-POLISHER」の詳細は下記特設サイトをご覧ください。

IS-POLISHERシリーズ
Special Site

Specialサイトでは、IS-POLISHERの詳細情報やの研磨事例を多数掲載しています。
ぜひこちらもご覧ください。

顕微鏡

OLYMPUS DSX510